見込顧客がホームページに訪れたら、教えてくれるホームページってご存知ですか?

検索エンジンやソーシャルメディアから、貴社のホームページ訪れた方が、資料請求もお問い合わせもせずに帰って行った。それは興味がなかったからでしょうか? 後日その方が再度訪れたとして、貴社はそれを気づくことはありません。製品ページを熟読し、価格をチェックしていたとしても。もし、そんな方が訪れた時に教えてくれるホームページがあったら、良くないですか?

多くの経営者が、ホームページで頭を悩ませています。

□デザインや内容が古くなってリニューアルしたい。
□ホームページからの問い合わせや反響が全くない。
□ブログや情報の更新をしたいが出来ていない。
□SEO対策を依頼しているが上手くいっていない。

もし、この様な事でお困りなら、ぜひご相談ください。今なら無料でコンサルティングさせていただきます。下記にも記していますが、ホームページ周りの専門家は細分化されています。ホームページを制作するスキルと反響を出すスキルを持った会社は別々なのです。

無料相談はこちら

ホームページの制作をする時に、”とりあえず安く”とお考えではないですか?ご注意ください!

ホームページは作成の際、とりあえず安くと言われる企業さんが多い様に感じます。 もちろん、企業経営はコストが少ない方が良いです。しかし、「安物買いの銭失い」と言う言葉が有りますが、ホームページは作ったら終わりと言う訳では有りませんので、リニューアルされる場合は依頼する前に、一度しっかり検討してみては如何でしょうか? 集客をする際に、何を検討するべきかを一覧で列挙いたしました。。

ホームページを制作するスキルと反響を出すスキルを持った会社は別々です

当社の経験上、クライアントがホームページの制作で最も重視される項目は次の3つ。1.制作コスト 2.デザイン 3.集客力 さて、貴社はこの3つの中で何を重視されますか?例えば、制作コストを重視した場合、デザインはある程度納得出来ても、集客に関するノウハウは、全く盛り込まれていません。集客するには、下記の専門的な要素が必要になります。

つまりとりあえず作っても、もう一度作り直す事になります。さらに目的に応じて上記の様な4つの会社に依頼する事になり、重複したコストを支払う事になります。

ホームページ制作会社では対応出来ない、HP運営にまつわる注意すべきポイント大公開!

1.検索の上位に表示させる対策

SEO対策
・ご注意ください。検索が殆どされていないキーワードで、高額の費用を請求しているSEO会社が有ります。しかし企業さまも、検索が月にどれくらいされているか知らず、自社のサービスとマッチしていると満足されてクレームならないのです。

2.キーワード広告の最適な入札設定

リスティング広告
・基本的にリスティング広告は自社で運用するのが前提ですが、掲載のシステムが高度になり複雑になっており、使い方が難しくなっています。うっかりすると、自動入札で高額な広告費を支払った挙げ句、充分な反響が得られないケースが有ります。

3.サイト内の最適な顧客導線の改善

サイト内導線設計
・ホームページを見ていて、価格や見たい商品やサービス、問い合わせ方法や電話番号が見つからなかった経験は有りませんか?ホームページのどこに居るか?解らなくなった。これでは、折角SEOや広告に費用を使っても全く意味が有りません。

4.問合せが来るコンテンツの作成

ランディングページ作成
・ダイレクトレスポンスアドは元々チラシで使われる事の多いノウハウですが、当社はコレをLPに応用しています。消費者の購買心理を押さえたコンテンツで構成し、アクセス解析と行いながら、より反響を高めるサイトづくりを行います。
当社にまとめてご依頼頂くとコスト削減と
効果の最大化を同時に実現が可能です。

全部一度に出来る方法があれば、良くないですか?

もし、全部一度に出来る方法が知りたいのであれば、ぜひご相談ください。今なら無料でコンサルティングさせていただきます。ホームページ周りの専門家は細分化されています。上級ウェブ解析士である私が、解りやすく丁寧にご相談にのります。
無料相談はこちら