業務プロセスを可視化し業務改善

業務フローは、業務プロセスを可視化、つまり業務をフローチャートで「見える化」します。基本的には企業全体の業務を対象としますが、特に問題になっている業務にフォーカスし可視化する事で、手順の見直しや重複する作業を統一化したり、無駄な業務を削除し、効率化を図ります。

煩雑な業務を整理し品質の向上とリスクを軽減

業務フローは業務が整理され、無駄な手順も無くなることから、残業も減り人的なミスの削減にもつながり、品質も向上します。属人化されていて、担当者しか分からなくなった業務を見える化します。もし、その担当者が病気をしたり、急に休んだりした場合、会社全体に大きな問題を引き起こしたりする可能性すらあります。

安定的な業務改善は経費の削減と売上向上に貢献します

業務を見える化することで、PDCAの管理サイクルを安定的に行い、継続的に業務改善を実現し定着化させることが出来ます。営業現場でも、事務的な間接業務がかさみ、本来やるべき営業活動に支障をきたしている場合もあります。それらの改善に繋がり、売上向上につながるケースも有ります。のの時間をもっと確保したい。